サービス & 料 金

​離婚等ADR及び面会交流支援のサービス詳細及び料金については、現在準備中です。

サービス開始の準備が整い次第、申込方法含めて公開いたします。

​時期は未定ですが、早期のサービス開始へ向けて準備中ですので、今しばらくお待ちください。

離婚等ADR

 

「親が離婚をすることで、子どもにつらい思いをさせたくない……」

離婚という問題に直面をした時に、多くの親が抱く気持ちではないでしょうか。

しかし、トラブルの渦中にある夫婦が冷静に話し合うことは難しい上、夫婦間での直接の話し合いをサポートするサービスはあまりありません。

 

また、両親の離婚という、子どもの生活を大きく変える場面において、まだまだ子どもの権利が十分に守られているとはいえません。

子どもにとっても利害がある事件において子ども自身の意見を表明し、これを考慮できるようにするため、家事事件手続法は、裁判所は子の意思を把握するように努めなければならず、審判や調停をするに当たり、子の年齢や発達の程度に応じて、その意思を考慮しなければならないと規定しています。意思能力がある子ども(おおむね10歳程度以上)については、利害関係人として自ら審判や調停の手続に参加して意見を述べることができ、子ども自身をサポートする手続代理人をつけることができると定めています。

しかし、そもそも離婚にあたって調停手続等裁判所を利用する割合は、全体の離婚の2割弱と少数ですし、その中でも実際に子どもの手続代理人が選任されるケースは極めて少ない状況です。

 

「子どもの気持ちを真ん中において、離婚後の家族の幸せを考えたい」

「多様な家族のあり方に対応できるサポートをしたい」

そのような思いから、オンネリは、離婚等家族内、パートナー間のトラブルを話し合うためのADR手続を行います。

 

面会交流支援

面会交流とは、別居中もしくは離婚後に、子どもと暮らしていない親(別居親)が、子どもと同居している親(同居親)の理解・協力を得て、子どもと会ったり、手紙や電話で交流することです。

面会交流は子どものためのものであり、面会交流を実施するにあたっては、子どもの気持ち、日常生活のスケジュールや生活リズムを尊重するなど、子どもの利益を最優先に考慮しなければなりません。

子どもがどちらの親からも愛されていることを実感しながら成長するためには、父母それぞれの理解と協力が必要です。

なお、相手から身体的・精神的暴力等の被害を受けるおそれがある等面会交流を行うことが子どもの利益に反する場合には、子どもの安心・安全を守るため面会交流を実施しないケースもあります。

 

オンネリでは、親のみでは、相互に連絡を取り合ったり、会ったりできないケースについて、別居親と子どもとの面会交流を支援します。

連絡見守り型

同居親・別居親間のメールなどによる面会交流の連絡調整(面会交流の具体的日時や場所を決めるやり取り)を見守ります。メールアプリのグループで連絡調整をしていただき、スタッフがグループに加わり、やり取りを見守り、必要に応じて助言します。

連絡調整型

オンネリのスタッフが間に入って面会交流の連絡調整(面会交流の具体的日時や場所を決めるやり取り)を行います。

受け渡し型

オンネリのスタッフが、面会交流の連絡調整に加え、当日のお子様の受け渡しを行います。面会交流中は別居親とお子さまのみでお過ごしいただき、スタッフは付き添いません。

付き添い型

オンネリのスタッフが、面会交流の連絡調整に加え、当日のお子さまの受け渡し、面会交流中のお子さまへの付き添い・見守りを行います。

各サービスご利用にあたっては、事前に、オンネリ指定のオンライン講座の受講及びスタッフとの面談が必要です。

〒190-0012

東京都立川市曙町1-25-12オリンピック曙町ビル7階

あけぼの綜合法律事務所内

TEL 042-512-9737 

FAX 042-512-9738

LINE

  • Facebook
  • Twitter

Contact

arrow&v

©2019  一般社団法人オンネリ